Currently set to Index
Currently set to Follow

商品開発において大切なこと

皆さんは新しく商品を作る際に、大切な事は次のうちのどちらだと思いますか。

  1. 短命でもいいのでホームランのような商品
  2. 長い間変わらないけれど新しいニーズをとらえた商品

正解は2番です。
ヒット商品に求められる要素に、長く売れ続けることがあります。
それでなくても最近は商品のライフサイクルが短くなって、長い間売れ続ける商品を作り出すことが難しくなっています。

しかし、短命で終わる商品を作り続けると言う事は、開発するコストや販売にかかるコストなどを考えるとなかなか厳しいものがあります。
短命な商品を単体で黒字化する事は、難しいという状況があるということです。

特にベンチャー企業や中小企業では、販売力や宣伝力などの観点からも、大きなホームラン級のビックヒット商品を作ることが難しいと言うこともあり、ホームランではなく単打でいいからできるだけ長命な商品を1つでも多く作り出すこと、そして売り続ける努力が持続できるものを考えるべきです。

ヒット商品を「10年間売れ続ける商品」と定義した先生もいます。

商品開発には少なからず費用がかかるわけで、単発で、短期間、何かが売れたとしても、他のいろんなコストを回収することは難しいのです。

長期間、固定売り上げになってくれないと、常に大ヒット商品を開発し続けなければいけなくなります。
それは、とても苦しいことですよね。

人間の不変のニーズを拾って、「こうしたい」「こうなったらいいな」と言う願望を叶えてくれるような商品は、息の長いものになってきます。

出典
河辺 よしろう『社長力講座』ぱる出版

新ランチェスター戦略経営実践会
河辺よしろう
PAGE TOP