withコロナ時代に適合した新しいサービスの創造

今年は、当然色々なビジネスが新型コロナの影響を受け、そこで働いている人の年収が大幅にダウンする人が増えることが予測されていますね。
2020年5月時点で、三菱UFJ銀行の調査部門が約7300人の就労者を対象に行った調査によると、回答者の4人に1人は、2020年度の個人年収が前年度よりも減少すると予測しているそうです。
その中でも「5割以上減」と回答した人は7.9%と高い割合で、事態は深刻であることを物語っています。

新型コロナによる年収増減見込み

  • 増加する見込み……… 4.2%
  • 変化なし………………76.6%
  • 1~4割減…………… 5.3%
  • 5割以上減…………… 7.9%
  • 見込みが立たない…… 6.0%

雇用形態別にみた年収減少者の割合

  • 個人事業主(雇用者あり)…42.7%
  • 個人事業主(雇用者なし)…38.2%
  • 有期契約社員、嘱託社員……25.8%
  • 派遣社員………………………25.4%
  • アルバイト、パート…………22.8%
  • 無期契約社員、嘱託社員……18.5%
  • 会社役員………………………15.5%
  • 正社員…………………………13.7%

新型コロナによる個人年収の変化に関する分析

年収の下落は、店舗経営をする個人事業主が最も大きく、次に派遣社員、アルバイト、パートなどの非正社員に影響が及んでいます。

そんな中で、米国の自動車業界では、感染リスクの低い移動手段としてマイカーの需要が高まる一方で、失業や年収の下落によって資金繰りが厳しい消費者も多いことから、金利ゼロパーセントのオートローンを提示することに加えて、ローンの初回返済を90日~120日間遅らせる救済制度を各メーカーが始めました。

米国内0%オートローンの実施動向(コロナ後)

  • CHEVROLET(シボレー)
    …最大84ヶ月の0%ローン、120日間の返済猶予(対象車種に限定)
  • Chrysler(クライスラー)
    …オートローン90日間の返済猶予(対象車種に限定)
  • BUICK(ビュイック)
    …最大84ヶ月の0%ローン、120日間の返済猶予(対象車種に限定)
  • GMC
    …最大84ヶ月の0%ローン、120日間の返済猶予(対象車種に限定)
  • ホンダ
    …90日間のローン返済猶予(条件に適合する新車購入者)
  • INFINITI(日産)
    …90日間のローン返済猶予(条件に適合する新車購入者)
  • レクサス(トヨタ)
    …90日間のローン返済猶予(新車、認定中古車)
  • BMW
    …90日間のローン返済猶予(対象車種限定、条件に適合する顧客)
  • アウディ
    …60日間のローン返済猶予(条件に適合する顧客)

ゼロ金利ローンによる新車購入は、値引き交渉をした上で手持ち資金を使わずに分割払いができるため、じつは割高な料金設定がされているリース契約やサブスクリプション契約で新車を取得するよりも、トータルでみた支払総額は安くなるというメリットがあります。日本ではまだこの手のサービスは見かけませんね。

日本では割安感をだしたサブスクモデルでの自動車の販売にメーカーが力を入れているようです。

ここ数日間、日本でも大都市を中心にコロナ感染者がどうかする傾向が顕著になっています。

こんな時代にあなたの会社も「withコロナ」の生活環境、経営環境を考えた新たなサービスを考えるのによい機会かもしれませんね。

(参照:JNEWS.com

橋本美穂
河辺よしろう
PAGE TOP