ランチェスター倶楽部会員様の声をご紹介します(敬称略、順不同)

経営に関して確実な答えは無い中で、過去のデータに基づく結果を参考にできるのが、ランチェスター戦略かと思います。特に弱者の戦略は我々のような中小零細企業には取り組みやすく、また結果も出やすい戦略と思います。私はこのランチェスター倶楽部で一番の収穫だと思った事は、データをストックし続ける事と、データはストックしてやっと利用できるという事です。経営はみな手探りだと思いますが、暗闇を照らすようなアイテムとして、過去のデータを利用するという事を意外にできてないと思います。景気や雰囲気、なんとなくな感じで経営を進める人が意外に多いと思います。実はデータは誰でもストックできますし、そのデータを基に考えることで適当な考えではなくなります。ランチェスター倶楽部では数字データをどのように活用するか、仮説を立てるのがいいか、このあたりを同じ悩みを持つ仲間と一緒に考える事ができる場所であり、データを活用した経営のきっかけになる場所と思います。まずは参加してみてはいかがでしょうか。
株式会社セイクン 上野

私は自身で起業して一年たったころに途轍もなく悩みました。友人に相談したところ、ランチェスター倶楽部に誘ってもらい、勉強会にお試しで参加させていただきました。岐阜の小さな電気屋さんの話でした。異業種ながら自身の職種(美容業)に落とし込める内容が満載の勉強会でした。頭の中でどんより曇っていた空から一筋の明かりが差して青空に変わっていったのを今でも鮮明に覚えています。たまに自身の職種には、まったくもって関係しない難しい話の時もありますが…(笑) 知らない世界の事を勉強できたと前向きに捉えて毎回楽しく参加させていただいてます。
私にとっては勉強会後の懇親会の方が大事な時間の時も多々あります(笑) 50歳前にして、なかなか新しい友達といいますか仲間といいますか、そんな関係の人をつくるのって難しいと思いますが… 一滴もお酒を飲まない私でも楽しく過ごせる貴重な時間です。
株式会社Belin 代表取締役 神谷テツヤ

私が河辺先生と出会ったのはかれこれ10年以上前、取引先に借りた竹田陽一先生のCDを車で聞きながら、次のインターネット訪問設置サポートに向かっていた時の事でした。次の訪問先を見ると、何と!CDと同じランチェスター経営。
その事を話すと、勉強会に誘われましたが、怪しくて(笑)
でも偶然の出会いとタイミングと神様の存在も気になり、ネットで色々情報収集し続け1年後に決意して入会しました。
当時のランチェスター基礎講座は、少人数で怪しげでしたが、内容は経営のイロハも知らず、脱サラで下請け仕事していた私には、驚愕の事実ばかりでした。
経営は学問なんだ、失敗するのも理由があるんだと。わかりやすく動画で解説してくれる竹田陽一先生の姿は、今は亡き、野球を理論で語った野村監督に重なって見えました。
豊富な人脈やグローバルな情報提供と勉強の場、楽しい懇親会、色々な経営者との出会いの場、本当に河辺先生との出会いに感謝です。
株式会社オズワールド 代表取締役 西島直樹

私は、ある経営者団体に所属していますが、そちらの会では「経営者の姿勢」など、とても大事なことを学べる一方、「儲ける」ための学びが弱い気がして、2010年にランチェスター倶楽部に入会しました。2004年に創業して今まで生き残れたのはこの勉強会で経営を学び続けてきたおかげだと思っています。
セミナーは月に1回開催されており、名古屋駅前⇔岐阜駅前と会場が毎月交互に入れ替わり、内容も違います。岐阜のみ、名古屋のみしか参加されない方が居るのですが、とても「もったいない!」と思います。懇親会も、この会だからこそ一緒にお酒を飲めるスゴい経営者がいらっしゃったり、河辺先生のココだけの話があったりと、とても濃くて楽しいです。毎回必ず、自分の会社で実戦してみようと思うことがたくさんあり、とても刺激的で、頭から湯気が出てるんじゃないか(笑)と思いながら帰ることもしばしば有ります。
毎月送られてくる、経営の旬な内容をテーマにしたCD教材を、移動の車の中で聞きながら、繰り返し学習できるところも良いと思っています。
有限会社ディライト・ネット 取締役社長 丸山紘始

PAGE TOP