ビジネスに最も重要なT-POPとは?

先日、うちの玄関をリフォームしたので、警備会社のセコムに「セコムステッカー」を、新たに持ってきてもらえるように依頼を電話でしたのです。

_____

河辺 「すみません、新しくセコムのステッカーを持ってきてもらえますか?」
セコム 「承知しました、いつ持って行きましょうか?」
河辺 「何時から何時まで対応いただけますか?」
セコム 「いや、何時ならいいですか?」

・・・・そもそも対応できる時間帯を聞かないで「夜の11時」といっても意味がないので、対応時間帯の確認がしたいだけ。

セコム 「何時でもいいですよ、言ってください」
河辺 「では、平日の夜9時ごろにお願いします」
セコム 「ちょっと、難しいです」

河辺の心のつぶやき 「サンドイッチマンのコントかよ(笑)」

河辺 「だから、対応時間帯を教えてください!」
セコム 「夕方だと4時までくらいですね」

河辺の心のつぶやき 「平日のそんな時間帯に家にいられるんならセコム入らねーし(笑)」

河辺 「どこかで早朝家にいる日を確認するのでいいですか?」
セコム 「はい、大丈夫です。早朝であれば9時くらいからなら対応できます。(えへん!)」

河辺の心のつぶやき 「朝9時って早朝ちゃうし(笑)」

河辺 「では9時くらいにうちにいられる予定を連絡しますね」
セコム 「はい、遠慮なくお申し付けください」

河辺の心のつぶやき 「遠慮なくいっても対応できないじゃん!(笑)」

_____

あなたは、こんな会話をビジネスでしていませんか?

よくコミュニケーション講師の方が「相手の意図をくみ取って!」とおっしゃいますが、くみ取る前に「相手の話を聞いて、普通に理解すること」が必要な会話ですね(笑)
会話をするときも「話す目的」を考えていないと、社長さんも社員とこんな会話をしてしまいますね。

この会話でなにを結論付けたいのか?

5W1Hのないビジネス会話は、単におばちゃまの井戸端会議レベルになってしまう。
会話も仕事も、「目的意識」が大切ということを、改めて実感した一日になりました。

とくに社長さんは、会話の明確化、目的意識、5W1Hには気をつけましょう。

話し方にもTime(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。Opportunityと使われることもある)のTPO「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」が大切です。
ですので、目的を追加し略してT-POP。
最後にPurposeがもっとも大切なので、付け加えましょう。

PAGE TOP