知っておきたい民法改正 ~定型約款について~

・ ‥‥……━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経営ためリーガルクリニック
知っておきたい民法改正 ~定型約款について~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・‥‥……
皆さん
こんにちは。弁護士宮本です。

前回に引き続き民法改正についてお話しをしようと思います。

今回は、「定型約款」についてです。

1 定型約款って何?
そもそも「定型約款」という用語自体、聞き慣れない方もおられると思います。
しかし、宅配約款、保険約款、請負約款等現代社会では、様々な約款が利用されています。
約款は、大量取引を合理的、効率的に行うため、いちいち条項を確認しながら合意内容を
確定せずに、予め定められた画一的な契約条項に拘束力を認めるところに意義があります。
しかし、契約を締結する前に約款を読み込むような人はまずいません。それにもかかわらず、
約款があるというだけで、常にこ約款に拘束してよいでしょうか?
また、約款に記載されていることは、どんな内容でも効力を認めてしまってよいでしょうか?
ような問題意識から今回、民法改正により規定が設けられました。

2 定型約款制度へ対応ポイント
定型約款について対応ポイントは
①定型約款を契約内容とすることを明確に表示すること
②顧客利益を害する条項が入っていないかを確認すること
③定型約款内容表示方法を決めること
④定型約款変更に関するルールを明記すること
です。

今後、順番に4つポイントを解説していきます。

PAGE TOP